メニューを開く メニューを閉じる

『その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません』1/31読書会開催! in水戸

茨城のおでかけ・イベント
その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません
~外向的なのに傷つきやすい人達が自身の気質を語り合う~


「HSP(ハイリー・センシティブ・パーソン)」「繊細さん」「内向型」「人一倍繊細な人」
といった言葉を最近よく耳にしませんか?

芸能界で活躍している著名人達も、続々と自分がHSP(繊細さん)であることを公表しています。

実は、HSPには、HSS型HSPという分類があり、
HSPの内向的という特性を持ちながら、好奇心旺盛で情報や刺激を求めるという、外向的な特性を持ち合わせています。

ひとつの体に、内向的な部分と外向的な部分を併せ持っており、多くのHSS型HSPの方は、その矛盾する特性に葛藤を覚えたり、生きづらさを感じています。

発達障害、アダルトチルドレン、うつ病…いえ、「かくれ繊細さん」 です!

大胆なのに繊細。
外向的で元気なのに傷つきやすい。

自虐ネタで笑いをとりにいくも、
いじられすぎると傷つく。

かくれ繊細さんは、繊細でありつつ、
好奇心旺盛で外に新たな情報を欲しがります。

積極的に外に出ていき、意気揚々と活動していても、外部からの刺激によって簡単に心が折れて意気消沈してしまいます。
ところが、意気消沈していることを人には見られたくないため、頑張って平然を装いますが、本人は疲れとショックで押しつぶされてしまっています。

しかし、そんなかくれ繊細さんは、才能のかたまり。
人間関係をつくること、仕事、人の能力を見抜く、直感、常識を守る、バランスをとる、など、たくさんの才能をお持ちです。

この読書会では、本書を通して著者の時田ひさ子さん自ら、かくれ繊細さんが、生きづらさを解消して才能を発揮し、ひとりひとりの中にある個性を輝かせて生きていくための方法をお伝えします。



■日時:2021年1月31日(日)13時30分~15時
■場所:茨城県総合福祉会館 茨城県水戸市千波町1918
■定員:読者様14名 ※要予約
■参加費:1,000円。
■参加条件:『その生きづらさ、「かくれ繊細さん」かもしれません』の本ご持参の方。


ご予約はコチラから👇
HP:https://hsphsslabo.com/


月刊ぷらざ県央版 最新号

月刊ぷらざ最新号が
スグに読める! 2021年2月号 vol.257 デジタルブックを開く