ミュージアムガイド
  • 笠間日動美術館

    ~7月30日(日)

    カンヴァスの中の巨匠たち

    笠間日動美術館所蔵の自画像コレクションより約60作家を取り上げ、絵画作品も合わせ展示します。

    ◎料金大人1,000円
    65歳以上800円
    大学・高校生700円
    中学生以下無料
    ◎開館9:30~17:00(入場は16:30まで)
    ◎休館毎週月曜日
     (ただし7月17日は開館、18日は休館)
  • 茨城県近代美術館

    7月8日(土)~8月27日(日)/
    会場 しもだて美術館移動美術館

    移動美術館

    県近代美術館は平成30年1月12日まで空調設備工事のため休館します。休館中、県内の会場で当館所蔵作品を展示する「移動美術館」を開催します。印象派を代表する画家・モネの作品を特別出品するほか、茨城ゆかりの洋画家の名品を紹介します。

    ◎料金無料
    ◎会場しもだて美術館
    (筑西市丙372アルテリオ3階)
    ◎開館10:00~18:00(入館は17:30まで)
    ◎休館日月曜 ※祝日の場合は翌日
    ◎問合せTEL.0296-23-1601
  • 水戸芸術館

    7月23日(日) 18:00開演/
    水戸芸術館エントランスホール

    オリヴィエ・ラトリー オルガン・リサイタル

    23歳の若さで、パリのノートルダム大聖堂の正オルガニストに抜擢されたほどの世界的な巨匠、オリヴィエ・ラトリー。ルネサンス音楽から即興演奏まで、水戸芸術館のオルガンの特性を生かすべく作り上げたプログラムをご堪能ください。
    【曲目】
    J.S.バッハ:オルガン協奏曲 ニ短調 BWV596
    (原曲:ヴィヴァルディのヴァイオリン協奏曲)
    ラトリー:即興演奏 ほか

    ◎料金全席指定
    A席3,000円、B席2,000円
    ユース(25歳以下)1,000円
  • 茨城県陶芸美術館

    ~9月3日(日)まで

    企画展「第24回日本陶芸展」

    「実力日本一の陶芸作家を選ぶ」とのコンセプトのもと、現代日本トップレベルの作品が一堂に集まります。

    ◎料金一 般720円
    高大生510円 小中生260円
    ※満70歳以上は無料
    ◎開館9:30~17:00(入場は16:30まで)
    ◎休館月曜日(祝日の場合は翌日)
    ※8月14日は開館
  • 茨城県立歴史館

    ~7月30日(日)

    テーマ展Ⅱ
    「茨城の民俗学者・藤田稔のみた世界」

    民俗調査で撮影された写真には、その時代・その土地の生活文化とともに、撮影者自身の視点が縮約されています。本展示では、茨城を代表する民俗学者・藤田稔氏(1922-2013)が遺した写真資料から昭和のくらしと氏の足跡を紹介します。また、藤田氏愛用のカメラ、写真の中の道具など当館所蔵の資料もあわせて展示します。

    ◎料金一般150円/大学生80円
    ※満70歳以上及び高校生以下無料
    ◎開館9:30~17:00(入館は16:30まで)
    ◎休館毎週月曜日(祝日の場合はその翌日)
  • 茨城県立県民文化センター

    7月29日(土)12:30開場 13:00開演

    松竹大歌舞伎 中村橋之助改め
    八代目中村芝翫襲名披露

    襲名披露の挨拶のほか、酒好きの霊獣:猩々が水上での戯れを見せる「猩々」や『平家物語』の敦盛の最後を題材にした「熊谷陣屋」を披露。

    ◎料金S席7,000円 ※S席残りわずか/A席5,500円
    大学生以下割引あり
    (S席3,500円 A席1,000円)
    ※未就学児入場不可
    ※学生は大学生以下
    ◎会場茨城県立県民文化センター 大ホール
  • 常陽藝文センター

    7月5日(水)~7月30日(日)【後期】
    /藝文ギャラリー

    手ざわりが生んだもの 久米みどり展

    陶芸家・久米みどりさん(無所属、水戸市在住)は、植物や海中生物を思わせる有機的な形の陶オブジェを制作しています。生命の儚さと力強さを感じさせる作品を紹介します。

    ◎料金無料
    ◎開館10:00~17:45
    ◎休館毎週月曜日
  • 茨城県天心記念五浦美術館

    5月19日(金)~7月9日(日)

    現代日本画の精鋭展

    現代の日本画家は伝統を受け継ぎながらも、それにとどまらない新たな表現を生み出しています。本展では第一線で活躍する画家の作品により、多様化する表現の魅力を紹介します。

    ◎料金一般310円/高大生210円
    小中生150円
    ※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、
     療育手帳等をご持参の方は無料
    ※土曜日は、高校生以下無料
    ◎開館9:00~17:00
    (入場は16:30まで)
    ◎休館月曜日
  • 茨城県天心記念五浦美術館

    7月15日(土)~8月27日(日)

    企画展「三百六十度の世界 松本哲男展」

    自らを取り囲む「三百六十度の世界」を全身を使って感じ取り描き続けた日本画家、松本哲男の回顧展。グランドキャニオンや世界三大瀑布など壮大なスケールで大自然を描いた作品約40点を紹介します。

    ◎料金一般620円/高大生410円/
    小中生210円
    ※満70歳以上の方及び身体障害者手帳、療育手帳等をご持参の方は無料
    ◎開館9:00~17:00(入場は16:30まで)
    ◎休館月曜日(ただし、7月17日(月)、8月14日(月)は開館、7月18日(火)は休館)
  • 日立シビックセンター

    7月15日(土)14:00開演

    洋楽文庫森麻季 音の美術館
    ~イタリア 美への旅路~

    スクリーンに映し出される名画の数々と、それにまつわる物語をテーマにした珠玉の名曲を、日本を代表するソプラノ森麻季が美しい語りとともにあざやかに歌いあげます。まるでイタリア美の世界を旅するような、これまでにないおしゃれなコンサートをお届けします。

    ◎出演森麻季(ソプラノ)、山岸茂人(ピアノ)、
    浦久俊彦(ナビゲーター)
    ◎場所日立シビックセンター 音楽ホール
    ◎料金一般:3,000円、高校生以下:1,500円
    ◎問合せ日立シビックセンター チケットカウンター
    Tel.0294-24-7720
  • 日立シビックセンター

    7月15日(土)~9月4日(月)
    11:00/13:00/16:00
    各回約50分(今夜の星空の解説+番組)
    ※月曜日(毎月最終月曜日)を除く
    ※7月18日(火)~22日(土)及び9月1日(金)、4日(月)の11:00の回は上映休止

    オリジナルドーム映像番組
    「Space Dreamers~宇宙兄弟 南波六太がやってきた!」

    講談社『モーニング』に連載中の人気コミック「宇宙兄弟」。その原作者・小山宙哉が脚本を手掛けた、プラネタリウムだけのオリジナルストーリー。主人公の「六太」は勿論、「せりか」など原作の人気キャラクターも登場。原作にはまだ出ていない裏設定も公開。「宇宙兄弟」ファンのみならず、全ての宇宙ファンに捧げる、未来への夢と希望を感じることのできるドーム映像番組です。

    ◎場所日立シビックセンター 天球劇場
    ◎料金大人520円、小人320円、幼児無料
    ◎問合せ日立シビックセンター科学館
    Tel.0294-24-7731
  • 日立シビックセンター

    7月10日(月)まで
    平日:13:00 土日祝日:11:00/13:00
    *各回約50分

    天球劇場ドーム映像番組
    「秘密結社鷹の爪 THE PLANETARIUM ジュラジュラ! ジュラシックトラベル」

    世界征服をたくらむ悪の秘密結社 鷹の爪団が「良質な世界征服は、良質な眠りから!」というスローガンを掲げ、太古の恐竜時代へタイムワープ。最新の研究を元に描かれた羽毛恐竜たちの迫力ある姿をお楽しみいただけます。

    ◎場所日立シビックセンター 天球劇場
    ◎料金大人520円、小人320円、幼児無料
    ◎問合せ日立シビックセンター科学館
    Tel.0294-24-7731
  • 日立シビックセンター

    ~7月10日(月)まで
    16:00上映 *約50分

    天球劇場ドーム映像番組
    「WE ARE STARS」

    「私たちは何でできているのか」。宇宙の進化や、星や物質の形成などから解き明かします。複雑な宇宙の成り立ちを美しいドーム映像で描き、みなさまを宇宙の世界へ引き込みます。

    ◎場所日立シビックセンター 天球劇場
    ◎料金大人520円 小・中学生320円
    幼児無料
    ◎問合せ日立シビックセンター科学館
    Tel.0294-24-7731
  • 常陽史料館

    ~7月16日(日)/アートスポット

    企画展
    「スクリーンの仲間たち」大下武夫作品より

    水戸市在住の映画看板絵師・大下武夫さんは、水戸市内の映画館の看板を多く手掛けてきました。看板制作は、顔の表情を決める最初の15分が勝負。ポスターや写真などを見て浮かんだ構図を俳優の顔が生きるように描いていきます。今展では、大下さんが約60年にわたり手掛けてきたオードリー・ヘップバーン、アラン・ドロンなど往年の映画スターを描いた優品を紹介します。

    ◎料金 無料
    ◎開館 10:00~17:45
    ◎休館 毎週月曜日
  • 茨城県自然博物館

    7月8日(土)~9月18日(月・祝)

    第69回企画展
    「昆虫大研究プロジェクト
    -あなたも研究者 みんながつくる昆虫展-

    6年ぶりの昆虫展で、多種多様な昆虫の姿を理科の自由研究の対象動物の視点から紹介します。

    ◎料金一般740円/高大生450円/小中生140円
    ※未就学児、満70歳以上の方、
     障害者手帳を持参された方は入館無料
    ※毎週土曜日は、小・中・高校生は入館無料
     (春・夏・冬休み期間中は除く)
    ◎開館9:30~17:00(入場は16:30まで)
    ◎休館毎週月曜日
    (月曜が祝日の場合はその翌日)
  • ひたちなか市埋蔵文化財調査センター

    ~7月9日(日)

    ワンケース・ミュージアムvol.42
    「貝殻で付けた文様」

    縄文土器に見られる文様のうち、貝殻を道具として施文された文様の縄文土器を紹介します。

    ◎会場ひたちなか市埋蔵文化財調査センター
    標本陳列室
    ◎料金無料
    ◎開館9:00~17:00(入場は16:30まで)
    ◎休館毎週月曜日(月曜祝日の場合、その翌日)
  • つくばエキスポセンター

    ~9月3日(日)まで

    プラネタリウム夏のオリジナル番組
    「巨大隕石衝突」上映中

    もし、巨大隕石が地球に落ちてきたら、どのようなことが起きるのでしょうか。人類と宇宙の関係を探る壮大な物語の旅に出かけてみましょう。

    ◎料金入館券 おとな410円 こども210円
    ※プラネタリウムは料金が別途必要です。
    ※こども:4歳~高校生、3歳以下無料
    ◎開館9:50~17:00
    (入館は閉館30分前まで)
    ◎休館毎週月曜日(祝日の場合は翌日)、臨時休館あり
    ※夏休み期間7/21(金)~8/31(木)は無休
  • 小美玉市四季文化館(みの~れ)

    7月1日(土) ①13:30 ②18:30
    7月2日(日) ③13:30 ④17:00

    演劇ファミリーMyu 「Colorful Shine Theater」
    オリジナルミュージカル

    Twinkle☆Twinkle
    ~ゆめさがしの大冒険!~

    人間界と宇宙をつなぐノーザンクローズに住む星の精の名はトゥインクル! 突然訪れた天の川のピンチ…! はちゃめちゃな大冒険を経て、無事天の川を輝かせることができるのか!? 笑いあり感動ありのエンターテイメントミュージカル!!

    ◎会場小美玉市四季文化館(みの~れ)
    ◎料金大人500円、子ども(高校生以下)無料
    ※3歳児未満入場不可、全席自由
    ◎託児室有料300円/人・要事前予約・先着順
  • 小美玉市小川文化センター(アピオス)

    8月20日(日) 19:30

    よしもとお笑いまつり in 小美玉

    出演:COWCOW、平成ノブシコブシ、
    とろサーモン、シソンヌ、おかずクラブ、
    横澤夏子、オスペンギン
    (※都合により出演者が変更となる場合がございます)

    ◎料金前売3,500円、当日4,000円
    ◎全席指定
    ◎5歳以上有料・4歳以下は膝上のみ無料
    (席が必要な場合は有料)
    ◎主催吉本興業株式会社、小美玉市
TOPへ戻る
TOPへ戻る 会社案内 関連会社 採用情報 プライバシーポリシー ページの一番上へ
[月刊ぷらざ 茨城版 WEBサイト]は、茨城弘報株式会社が運営しています。
株式会社ぷらざ茨城 〒310-0841 茨城県水戸市酒門町4269-6 Tel:029-304-0071 Fax:029-247-7081 E-mail:web@plaza-mito.co.jp